被災地で活躍

男性

過去に大きな災害の被害があった記憶をたどると、阪神・淡路大震災や東日本大震災などが記憶に新しいところでしょう。これらの震災時には現役で使用されていた工作物がもろとも崩されて瓦礫の山となります。この瓦礫が散乱している状態では新しい工作物を作る事は難しいところであり、この産業廃棄物を処理することから始めないといけません。こうした現場で役立ってくれたのが、振動篩機です。振動篩機を使って瓦礫をふるいにかけていくことにより瓦礫自体の原料別に分けることができました。ここから使用できる原料は建築資材にリユースされることになりましたし、有害な物質や処理が必要なものが産業廃棄物となったので大きな活躍があったのです。

振動篩機を使用して選別をすることは、面倒ですしそのまま廃棄対象が含まれているのであればまとめて処理した方が簡単だと思われるかもしれません。しかし、それでは使えるものかで無駄に処理をしてしまう可能性が高まります。さらに言うと、地球資源には限りがありますから有効活用していかないと、枯渇してしまう恐れがあります。こうした深刻な地球資源の枯渇問題を解消するカギを握るのが振動篩機を使用した選別であり、使えるものをしっかり使える状態にしていく作業が今後の開発現場にも求められることです。振動篩機自体は効果なものであり簡単に購入できるものではありません。しかし、専門業者であればレンタルできるサービスもあるので上手に活用していきましょう。